プリントTシャツ制作の極意

INFORMATION

プリントがあるTシャツの洗濯は、取り扱いに注意が必要です。

プリント部分は後からアイロンなどで付けられたものも多く、
プリントがしっかりしていればいいですが、何回も洗っているうちにひび割れたり
剥がれてきたりしてしまうものがあります。
製作に関する問題

結構デリケートなものなので、丁寧に扱うことが大切です。
洗濯機で通常の洗いで回していると、水を含み、
他の衣類と接触することにより摩擦を起こし、
剥がれたり、ひび割れてきてしまったりするのだと思われます。

これを防ぎたかったら、ドライクリーニングやお洒落着洗いなどで
優しく洗った方がダメージを受けにくいでしょう。

Tシャツはカジュアルな衣類で、動いたり、
仕事をしたりするのに適しています。

プリント部分はアクセント的なもので、Tシャツの印象を決める部分です。

ここがダメージを受けると、目立つ部分で格好悪いので、これを防ぐ上でも
洗濯は慎重にしましょう。
慎重に考えてから

たかがTシャツで、何枚あってもいい衣類ですが、中にはお気に入りのものあったりします。

そういったものがダメになってしまうと悔しいので、最初から大切に洗濯しましょう。

これは、オリジナルで製作したものにも同様のことが言えます。
強い想いの込められたデザインのTシャツが、取り扱いを間違えたがために
無駄になることは避けたいものです。

せっかくだから

いいものを

作りたい

自分だけの

プリントTシャツ

制作のうえでの

ポイントとは